よくある質問

よくある質問

髭剃りとかもしてくれるって言ってたけど、切ったりしないの?もし切ったらどうするの?
おまかせ下さい。安全剃刀を使用していますし、シェービングムースを使用しての髭剃りです。
何千人というご遺体に当っている経験豊富なスタッフが参ります。 ご心配要りません。ご安心を。
詰めもの等したくないんだけど絶対しなくちゃいけないの?
基本的にお亡くなりになられて数時間経つとやはり生身の人間ですので多少の腹水、出血などの症状が出てくるものです。個人差がありますが、されていた方が安心だとは思います。
爪も切ってくれるの?
長すぎる爪、巻き爪など切らせていただきます。
お寺様に言わなくてもいいんですか?お経を唱えてもらわないの?
宗派やお寺によってかなり違ってきます。気になる様でしたらお問い合わせください。
お寺様が同席されても構いません。
どんな人が来るの?
20代~30代の男女2人で参ります。時々、女性2人の場合もあります。
※納棺の場合は1人で行く場合もあります。
髪の毛がとても長いんだけど大丈夫?
まとめられる様なゴムやピンなど、ご準備いただければ大丈夫です。
子供に見せてもいいものなの?
昔はご家族全員で体をきれいにしていたと聞いております最後のお風呂です。
肌を見せることもありませんので、どうぞご一緒に見守ってあげて下さい。
体に傷があるんだけど、、、
傷があったり、解剖されていても問題ありません。いずれの場合も、傷ロ、処置のあとなど、皆様には見えることのないよう湯灌を進めていきます。また、処置が必要であれば、処置もいたします。
感染症(B型肝炎、C型肝炎など)の病気で死んだ人も湯灌できるの?
大丈夫です。湯灌はできます。
若い女の子なので、ハダカにするのはちょっとねえ、、、
完全にバスタオルで覆います。絶対に見えたりすることはありません。お着替えの時は、男性の方に席を外して頂くなどしていただいたらどうでしょう。 (事前にお電話下さい。シフト上できないこともありますが、どうしてもと言う場合で、女性スタッフが2名いる時には、女性のみで参ります。)
お湯であっためても平気なの?
大丈夫です。お湯だからこそいいのです。お顔の表情はまるで眠っているかのように、変わられますよ。
手、足などの硬直がありますが、着せ替えなどできるんですか?
大丈夫です。スタッフが関節をほぐしますので、肩やひじが完全に曲がらなくても、着せ替えはできますのでご安心ください。
床擦れ、手術の傷、点滴のあと、水疱など大丈夫ですか?
大丈夫です。生きている方でも十人十色、顔つきや体つきが違うように色々なご遺体があることを現場のスタッフ達は心得ています。
どのくらい時間がかかるの?
準備から片付けを含めて1時間30分程度かかります。
故人の愛用品を使用してもらえますか?
スタッフにご遠慮なくお申しつけください。和服、背広の着付け*などもいたしますし、故人様ご愛用の化粧品を使われるのも結構かと思います。※納棺の場合(着付料がかかります)
病院できれいにしてもらったんだけど、、、
処置と、お風呂は違いますので、湯灌をされた方がよろしいかと思います。病院と違い、ご家族の目の前で進行します。
そんなものは見たことも聞いたこともないので必要ないと思うのですが、、、
ご近所でされる事があったとしても、あくまで身内だけの儀式です。表に分るように大々的にはしていないので周りのお家の方は、まずわからないでしょう。 それでも身内の方だけでされる湯灌というものは、主流になっています。広まってきていると言う事は、それだけ重要性があり、ご遺族の方々にも、納得していただけているものと考えています。
全部、裸にしてそんなに大げさにする必要はない。大体見えたりしたらどうするんだ!
大げさではありません。確かに浴槽を設置しホースを車から引いて、初めて見られる方には、大変な作業にみえますがこちらから伺うスタッフは、訓練していますので、排水がこぼれる等のトラブルもありません。着付けの方も、手慣れております。 生きておられるか、亡くなられているかという違いがあるだけで、私たちがお風呂に入ることと、なんら変わりがないわけです。お体も大きめのタオルで覆っております。 見えることはありませんし、安心した気持ちで見守ってあげて下さい。
解剖しているのに、動かしても大丈夫? (解剖しているから動かしたくないんだけど)
解剖のあとというのは、病院側できちんと処置されているのが正常な状態ですが、少し動かしただけで、時として中から体液のようなものが出てきたりすることもあります。そのような場合は、こちらのスタッフが念入りな処置をさせていただきます。どうぞご安心下さい。
そんな事をして、本当に故人の為になるとは思わない。病院で、あちこち痛い処置をされてきたのに、もうこれ以上、体を動かしたりするのはイヤ、、、
国籍や宗派を問わず、お風呂というものは、心や体の疲れを癒すものです。痛い思いをされたのなら、痛い思いのまま旅立たれるよりも、気持ちいい思いで旅立たれるほうが故人のためになるのではないでしょうか。又、それをしてあげられるのは、残された方々のお役目だと私達は思っています。専門スタッフですので、お体を粗末に扱うことは絶対にありません。生きている方同様に扱っております。私達がみていても、気持ち良さそうに見えますよ。